RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱ・・・メイドイン ジャパン

以前、LIFANの1P54FMIに3バルブ110cc用のカムを無理やり突っ込んだんだけど、異音の原因がベアリングみたいなので。。。

TS3R0108.jpg
上がLC152FMIモンキー風で下が1P54FMIのヘッド。ヘッドの流用はピッチが違うのでカムだけを暫定でと思ったけど・・・ありゃりゃ、ロッカーアムもへたってましたわ。

で、

TS3R0110.jpg
6VC50の部品が使えんかと思って、比べてみました。
因みに、左がC50で右がLC152FMI。この大陸製ヘッドはカブのピッチと同じなんでカブに流用可能なんですよ。

TS3R0111.jpg
左が国産で右が大陸製です。パッと見て大陸製は粗い感じ?

TS3R0112.jpg
TS3R0114.jpg
ちょっと加工すれば使えそうな気がします。それにしても精度がまったく違うのは当然?

その前に。。。
TS3R0109.jpg
3バルブのカムシャフトのベアリングをホムセンのプーラーで抜く。
ついでにベアリングがもうちょっと中にはまるようにシャフトも加工しました。

TS3R0115.jpg
カムが当たる部分を砥石で滑らかにして組み上げます。でもってエンジン掛けたら吸気音が「パンパン」と発しながら、速度が出ません(^。^;)

ん~、やってもうたわ~!

今回、ベアリングを抜く前に目印を付けておいたんだけど、加工した際に目印が消えてしまって、こんなもんかなーなんて感じで組み込んでしまったのがいかんかった・・・往生しましたわ(^^;;

翌日の夜に。。。
こうなったら現物確認。もう一基の152FMIのヘッドを参考に、はめ込んで組み上げて角度を測って、また抜いての繰り返し。
素人ならではのってやつでありますわ~
ピストンが逝かんでよかったです。

まあ、こんな事の繰り返しで遊んでるおっさんであります。

おわり~ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。