RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
173:メーターまわり by A山 on 2008/11/15 at 22:27:51 (コメント編集)

ガス欠を4回も経験してる自分は
燃料計だけは追加装備したいと思っております。

しかしにぎやかななメーターまわりですね。
「オープニングセレモニー」かっこ良さそうですね!!今度お逢いしたら見せてください!!!

174: by スズキ on 2008/11/16 at 08:16:05 (コメント編集)

>A山さん
燃料計がなかった時は常に走行距離を気にしてましたし、ガス欠した時は汗をよく掻きましたね。
それに、スタンドが開くのを待ってた事もありました。

今度お会いするのはナナ鍋ですね。


▼このエントリーにコメントを残す

   

メーターまわり

今回、オートゲージのタコメーターを取り付けます。
以前からメーターまわりを見て良く言われるのが「これ全部、動くんですか?」と聞かれる事があったので、今回のタコメーター交換に伴い「イミテーション」ではなく、実用性に富んだものと自分自身が再認識(自己満足)するのと、これ以上変更はしないつもりなので(壊れれば別)覚書きがてら記録しておきます。

全て「見てます」「使ってます」「動いてます」・・・たまに耐震偽装や雨漏れで機能障害に陥ります。(笑)

200804a.jpg
2008年4月、シールドが付いていた時は、こんな盛り合わせ。

200810b.jpg
200811a.jpg
以前、シールドを外して配線の見直しを行い、配置を変更した時のメーター盛り合わせです。
ちなみに、右シールド内の白いのは100均の温度計(イルミ付き)・・・これはネタ用です。(笑)

このメーター各種盛り合わせの中身は、ほとんど海外製品で偽装品もあります。
○方位計(夜間照明付き)・・・方向音痴には必須。(特に夜や曇りに)
○速度計(ヤマハTW200)・・・トリップが欲しかったのと新品で1000円だったので即決。
○時計&電圧計(カーメイト)・・・これはオートバックスで特価品が視界に入り即決。
時間は常に把握したいのと電圧は携帯やカメラのバッテリーを充電するので気になります。

○タコメーター(偽キタコ)・・・ 日々の体調管理には必要でしょう。文字盤だけキタコです。
○燃料計(ヤマハジーノ)・・・ヤマハは抵抗値が510Ωなので100Ωに替えてます。当初はC50のSTDなので燃料ゲージが無く、すごく不便。特に夜はキャップを開けても残量が分からず、夜間走行でガス欠になると最悪。長距離走行では常に不安を抱えるのでサブタンクを付けて給油回数削減を実現させております。
○油温計(オートゲージ)・・・長距離走行には欠かせません。(オイル上がり未然防止にも)

autogageoiltemp270a.jpg
これは、現在付けてるオートゲージの油温計。(当然、車用なので樹脂製で防水性なし)
スモークレンズで昼間は暗くて見えない為、ケースとレンズを換えてます。
オートゲージを選んだのは車用ではありますが安い!(今だと旧タイプは2000円もしません)
*センサーを付ける際、センサーフィッティング(デイトナ12X1.5Pデジタルテンプンーター用)をちょい加工して取り付けてます。

さて、本題に戻ります。
見ての通りタコメーターの針が0のまま動きません。
分解してみたら、基盤に配線が半田付けしてあるのですが振動で線がチョイ切れ状態。それが両隣の配線に接触して心不全でお亡くなりになりました。(中華振動に耐えきれなかった?)

という訳でタコメーターを交換。
autogage52270smtachometer02.jpg
SM(サイレントタイプ)の52パイです。気筒数を0~10まで変更できます。(0って???)
これもスモークフェイスですが以前の物より視界性が改良されてるそうです。(点けてみないと?)
それと、車用なので取り付ける際は、耐震と防水加工は必ずしましょう。(必須科目)
表示は1000回転迄ですが中華エンジンはそこまで回りませんのでご安心下さい。

autogage52270smtachometer03.jpg
電源はリンク出来るようになってますが現在付いている油温計は旧タイプで対応してません。

配線のつなぎ方(取り説は英語です)
赤線・・キーON電源に接続
オレンジ線・・DIMMER(接続するとライトONで減光)
白線・・・常時電源に接続(乗らないとバッテリーが上がるかな?)
黒線・・・アース
別のコネクターの白線・・・ECUに接続(カブにはそんなのないぞ)
パルスの白線を念の為、プラグコードに巻きつけて見ましたが、何も反応はありません。ん~この際、覚悟を決めてイグニッションコイルの配線(黒/黄)に恐る恐る接続して「キック!」
あれっ、針がMAXです。(汗)それにバックライトが真っ赤になったのは「危険予知機能」搭載?
やっぱり、カブにはダメかと裏を見るもシリンダー設定はOKだし、原因が分かりません。
今度は配線をCDIのイグニッションコイル(黒/黄)線に接続したら、ばっちり。
気筒数は、なぜか7で設定しました。


PB130199.jpg
キーOFF時、スモークレンズは暗い。

PB130207.jpg
キーONでタコとTMPの照明が点きオープニングセレモニー(針が一往復)
タコメーターの照度は旧タイプより明るさがUPしてるようです。6000回転を超えるとワーニングランプが点灯(このSMシリーズのタイプは変更不可)
右上の赤いランプはターンランプ用(LEDに変更した際、逆流防止の為の処理+ウィンカー切り忘れ防止で目立たせました)

しかし、このオートゲージのタコメーターはカブには敏感過ぎるのでしょうか、アイドリング時、針に挙動不審が見受けられ回転が5000回転以上を維持してやっと落ち着きを取り戻します。「電子制御」のFIタイプのエンジンなら針の挙動不審もなくなるのかは不明ですが、しばらく様子を見ます。

それと施工する際、耐震、防水処理を施しますが、決して密閉はしない事です。密閉すると長雨や湿気で中が蒸れるので必ず裏に排水口(逃げ道)を確保します。

PB130217.jpg
夜の視界性も確保。。。目の悪いおっさんには、普通人の倍以上の光源が必要とされます。

こんな感じで、いつものやっつけ仕事。ちゃんとした製品を取り付ければ済む話と言われればそれまですが、考え方によっては、これも創意工夫のひとつでもあり「ものづくりの原点」と心の中で自己満足。(爆)

まぁ、自己処理、自己処置、自己満足で自己責任の世界ですので何を言われようとも構いません。あはっ!

以上、弄っている時は「洟垂れ小僧」になる「おっさん」の弄りでした。m( __ __ )m
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
173:メーターまわり by A山 on 2008/11/15 at 22:27:51 (コメント編集)

ガス欠を4回も経験してる自分は
燃料計だけは追加装備したいと思っております。

しかしにぎやかななメーターまわりですね。
「オープニングセレモニー」かっこ良さそうですね!!今度お逢いしたら見せてください!!!

174: by スズキ on 2008/11/16 at 08:16:05 (コメント編集)

>A山さん
燃料計がなかった時は常に走行距離を気にしてましたし、ガス欠した時は汗をよく掻きましたね。
それに、スタンドが開くのを待ってた事もありました。

今度お会いするのはナナ鍋ですね。


▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。