RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

C90K3公道デビュー

1976年4月に発売されたスーパーカブ90デラックスの当時の販売価格は120,000円。
最高出力7.3ps/8,000rpm
最大トルク0.69kg m/6,000rpm
行灯の名残りか?キー照明がホーンボタンを押すとウインカーが点灯。
ガソリンタク容量は5Lでバッテリーは6V。点火方式はポイント式バッテリー点火でバッテリーがあがるとなんともならない。
前照灯は暗く、燃料コックが右側なので走行中にリザーブに切り替えるのが不便だし、クラッチがリターンだから、うっかり前に踏むと2速発進してしまう。
そんな時代のカブでのんびり走るのもいいかなと思いながら12V化してやっと公道を走ってみました。


12V化。。。
KIMG0244a.jpg
KIMG0249_20150523210402330.jpg
KIMG0250_20150523210402ee6.jpg
6Vのままだとパンクするとの事で、イグニッションコイルは12V用にコンデンサーを取り付け。
バッテリボックスは12V用をそのまま強引にはめ込み、ヒューズは板型にしてウインカーブザーが付いてるのでウインカーリレーは音なしタイプ。
レギュレーターは買い置きしてあったものを「DAXレポート」を参考に取り付けて、レギュレーターからボディアースを追加。


更に昭和カブらしく。。。
KIMG0366 (1)
カブは旧車とかビンテージとか言わない「カブはいつの時代もカブ」

本田宗一郎曰く「ホンダと分かればそれでいい」


公道を走って見ると。。。
KIMG0414.jpg
KIMG0418.jpg
サスのへたりもなく、シフト以外は普通にカブ90の走り。レッグとシートはこれ以上劣化させたくないから手持ち品に交換してあります。
こんなカブで通勤してると、コンビニで話しかけられたり、信号待ちで話しかけられたりして結構目立ちますね。

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。