RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活間近のダルマさん

今日は、1974年のセリカTA22のエンジンの始動に成功した日になりました。
来月には東京に行く予定を立ててる次男坊が「走ってて何か外れて落ちるってことない?」って言ったよ。
まあ、タイヤが外れることはないけど、ボルトやナットは外れるかもなって・・・。(^。^;)



まず最初の作業は。。。
P1070300.jpg
変な噂の元になった鳥居?を解体。
これで噂は無くなることでしょう?


さて、いじりの基本は「買わない」「無ければ作る」そして「妥協する」です。


「買わない」。。。
P1070308.jpg
車検対応の為、各部にホースが取り付けたいのだが、使いもんにならないから不要になったクーラーパイプで繋ぐ。
車検に通ればファンネルにしちゃうからぼったぐりホースなんてのは買いません。


「無ければ作る」。。。
P1070301.jpg
元は何十万もするワイヤーハーネス。必要な部分を使って、不要な部分は捨てる運命だった配線達ですが、こいつを使わない手はない。


「妥協」。。。
P1070309.jpg
根詰めて配線加工してると最後の方はやんぴっ!って事になってくるんです。


で、
P1070304.jpg
配線の中通しも「妥協」して裏通しってことで・・・。(^O^)


次男坊が買ってしまったラジエーターは。。。
P1070307.jpg
サポートをカットして無理やり装着。
意外とデカくて走行時は冷えそうな気がしますが、逆に渋滞時は冷えなさそうな3層ラジエーター。
電動ファンが必要かもね。


エンジン始動。。。
P1070306.jpg
オイルもLLCも入ってないから一瞬だけですが掛かりましたので一安心。


残業で。。。
P1070310.jpg
エンジンルーム内の作業はこれで終了~。

あとは、

室内のヒーターや配線と後ろの足回りにマフラーと・・・。(^。^;)
やっぱり、今月中に車検って・・・ムリ???


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。